MemCon Japan 2015

MemCon Japan 2015 >展示概要


展示時間:11:55-17:45
事前にお申込いただく必要はございません。随時ご覧いただけます。


Cloud Testing Service株式会社

卓上テスタによるメモリ試験のご紹介
Cloud Testing Serviceは、世界No.1シェアのアドバンテスト社メモリテスタの高い技術を小型システムに集約し、メモリIC やメモリーカードなどの試験環境をご提供します。また、メモリICなどを試験するパターンプログラムはアドバンテスト社と互換性を持っており、既存資産を有効に利用でき、実デバイスの基礎研究から量産までを考慮した試験ができます。さらに、従来のテストシステムのような専用ソフトウェアの知識は不要で、簡単なGUIの操作で使うことができます。試験速度は最高533Mbpsを実現しており、従来型のNAND型フラッシュ・メモリと比較して飛躍的に高速化が図られたToggle やONFIといったインタフェースに対応できます。

eMemory Technology Inc.

eMemory Technology Inc. is a leading developer of embedded non-volatile memory (eNVM) technologies and provides the semiconductor industry’s most comprehensive platform of eNVM intellectual property (IP) products, services and solutions.

株式会社GENUSION

弊社はスケーリング可能な独自のフラッシュメモリセル技術により、NOR型フラッシュ「B4-Flash Memory」を製造販売しております。書換え速度が高速で、多数回書換え後でも高温下で高いデータ保持信頼性を実現するなどの特長を有しており、通信インフラ機器などの産業用途、高信頼性モバイル機器、アミューズメント等向けに新しい機能と価値を提供いたします。現在、128Mbから2Gbまで製品ラインアップしており、さらに、 SoCやマイコンなどの製品に、高信頼な不揮発性メモリIPのライセンス供与も行っております。

キーサイト・テクノロジー合同会社

DDR測定ソリューション
キーサイトは、設計のために必要な回路シミュレーションツールから、DDRメモリバスの高速信号をモニタするためのオシロスコープ、論理層をモニタするロジックアナライザなどDDRに対してトータルソリューションを提供しています。この展示では、オシロスコープを中心にしたDDR測定ソリューションを展示予定です。

マイクロン・ジャパン株式会社

マイクロンが展開するトータルメモリソリューションの中でも、注目の製品をDRAM, NAND, NORの切り口で展示します。先ず次世代の超高速DRAM製品として量産を開始したHMC(Hybrid Memory Cube)本体、 幅広い用途に使用されることを想定したSSD(Solid State Drive)製品群、そして組込み系機器の基幹部品として使用される汎用DRAM, NOR, eMMC製品を搭載したリファレンスプラットフォームをご紹介します。

ネットスピードシステムズ株式会社
オンチップ・ネットワークIP
「Orion」と「Gemini」は、次世代"Sea of IPs"設計のためのSoCアーキテクチャ合成プラットフォームです。GUIでレイアウトを意識した迅速なアーキテクチャ探索を行ない、シミュレーション解析でユースケースに応じたネットワーク最適化とカスタマイゼーションを行います。スケーラブルでコヒレントなSoCインターコネクトIPの生成により、製品の市場投入までの設計期間を大幅に短縮します。
日本スパンション株式会社

Demonstration of HyperFlash Memory
333MByte/sのリード・スループットを持つSpansionのHyperFlashメモリ。本展示では実システム上でHyperFlashメモリの高速リードパフォーマンスを実演しています。

ザイリンクス株式会社

Virtex UltraScale FPGAとHMCによる超広帯域メモリバンド幅の実現
次世代メモリ技術であるHMC(Hybrid Memory Cube)と、最先端20nmプロセス製品のVirtex UltraScale FPGAとの接続デモを行います。少ないピン数と実装面積で15Gbps以上という従来のメモリを大きく超えたメモリバンド幅を実現するHMCのパフォーマンスとそのメリットを実際の評価ボードでご覧いただけます。

イノテック株式会社 テストソリューション本部

自社開発製品RETSETおよび測定・検査統合化ソフトウェアSagittarius
RETSETは、お客様のテスト要求に応じてテスト回路がオプティマイズ可能なアーキテクチャーを特徴としています。NAND型フラッシュメモリーだけでなく高速IF仕様NANDなどの測定に対応するテスタ-です。
Sagittariusは、パラメトリック・テストおよび信頼性テストに最適な統合化テスト環境を実現するソフトウェアです。数多くの計測器や幅広いメーカのプローバをサポートいたします。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社

Cadence 高性能DDR PHYソリューション
ケイデンスは、LPDDR4やDDR4を含む各種メモリデバイスに対応した高性能なDDR PHYを提供しています。最新プロセスにも対応しており、既にTSMC 16nm FinFET+ DDR PHYはご利用可能となっております。お客様のニーズにお応えすべく、進化を続けるCadence DDR PHYにご期待下さい。
このコーナーでは、TSMC 16nm FinFET DDR PHY評価ボードを用いたデモを行います。この機会にCadence DDR PHYをご覧ください。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社

Cadence IPソリューション(Design IP & Verification IP)
ケイデンスは、DDR、NAND Flash等のメモリ向けシリコン実証済みの設計IPを多数提供しており、長年に渡って数多くのユーザ様にご採用頂いております。
昨今は、メモリの高速化、多様化が益々進み、更なる需要の拡大が見込まれています。
このコーナーでは、ケイデンスの設計IPおよび業界標準の「Memory Model」を含む検証IPの最新情報をお届け致します。また、最先端プロセスであるTSMC 16FFで実現したPCI Express Gen4 設計IPのデモも合わせて展示いたします。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社

DDR4 Design-in Kit によるIC-PKG-PCB Co-Analysis
セッションでご紹介する設計IP Design-in Kit の中から、DDR4 設計IPを使用したDesign-in Kitを展示します。DDR4は様々なPKG、 PCBにおける信号のトポロジーにより、設計IPのドライバーのSlew rate、Skew、Emphasis、その他様々な特性の調整が必要です。
このコーナーでは、仮想のPKG, PCBデータを接続し、DDR4の信号特性の解析のデモを確認いただきます。バーチャルなPKG、 PCBのデータを使用し、Driverの特性を変更するか、PKG、PCBのデータを改良して特性を向上させるか、ケイデンスの設計IPユーザーはバーチャルな環境の中で高精度なSI/PIシミュレーションにより最適な配線トポロジーの選択や、ドライバーのチューニングが可能です。


会場アクセス

東京コンファレンスセンター・品川 
東京都港区港南 1-9-36 
TEL :03-6717-7000(代表)
JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
More details >>

 


お問い合わせ先

MemCon Japan 2015 事務局
E-mail:cdsj_info@cadence.com
受付時間:10:00-12:00 / 13:00-17:00
土日祝除く