Home > Press Releases > 2017/03/03

  • Contact
  • Print

ディジタルメディアプロフェッショナル、ケイデンスのPalladium XP検証コンピューティング・プラットフォームおよびHosted Design Solutionsを使用して開発期間を短縮

ディジタルメディアプロフェッショナル、ケイデンスHosted Design SolutionsによりPalladium XPプラットフォームへのリモートアクセス、自社の検証環境とのセキュアな接続が可能に

ケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)は、3月2日(米国現地時間) 、ディジタルメディアプロフェッショナルが、ケイデンスPalladium® XP検証コンピューティング・プラットフォームおよびHosted Design Solutions (HDS)を使用し、エミュレーションの対応回路規模の拡大、および検証サイクルのリモート管理を実現したことを発表しました。SaaS (software as a service)ソリューションにより、マルチメディア・アプリケーション向けグラフィックSoC(システムオンチップ)のタイムリーな提供を実現します。Palladium XPプラットフォームにリモートでアクセスできるようになったことで、ディジタルメディアプロフェッショナルのチームは、デザインのサインオフを成功させるために、可能なすべての検証シナリオ上で多くのジョブを動的かつ効率的に実行することが可能になりました。また、Palladium XPプラットフォームおよびHosted Design Solutionsにより、エミュレーション機能を使用しないデザインフローと比較して、製品の出荷がおよそ2か月から3か月短縮され、高品質な製品を提供することができました。

さらに、Palladium XPプラットフォームは、ディジタルメディアプロフェッショナルが必要とする高度な機能を備えており、同社は生産性を更に向上するHosted Design Solutionsの導入を決定しました。Palladium XPプラットフォームへのセキュアなVPNアクセスを通して、ハードウェアがローカルにあるかのようにリモートの検証環境にアクセスし、同じ機能を利用することができます。また、同社に設置されているPalladium XPプラットフォームに対して追加設備の調整をすることなく、設計データを安全に転送する機能や、ピーク時の容量追加に柔軟に対応する機能が利用可能になりました。

ディジタルメディアプロフェッショナル社コメント:
大渕 栄作氏 (常務取締役開発統括部長):
「ディジタルメディアプロフェッショナルは、GPU、画像認識向けIPおよびチップのリーディングプロバイダーであり、お客様は我々の製品を利用して、ビデオゲーム、ビデオ制作、医療、航空宇宙などのイメージング、ビジョンアプリケーション向けの差別化された製品をタイムリーに実現しています。Palladium XPプラットフォームとケイデンスHosted Design Solutionsを組み合わせることにより、エミュレーションサイクルのピークへのセキュアなリモートアクセスが可能となったため、生産性が大幅に向上し、お客様から期待されていた高品質デザインを実現することができました。」

ケイデンスVerification Suiteの構成要素であるPalladiumエミュレーションプラットフォームは、高性能、特定用途向け検証コンピューティング・プラットフォームで、クラス最高の加速シミュレーションとエミュレーション機能を単一の統合環境で実現しています。Palladiumの詳細は、www.cadence.com/go/palladiumxp をご覧ください。

CadenceおよびCadenceロゴはCadence Design Systems, Inc.の登録商標です。
その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。