Home > Press Releases > 2017/03/16

  • Contact
  • Print

ケイデンス、TSMCと協業、新しい12FFCプロセステクノロジーを使用して技術革新を推進

要旨:

  • TSMCの12FFCプロセスとケイデンスのツールおよびIPを使用することにより、SoC設計者はミッドレンジのモバイルおよびハイエンドのコンシューマーアプリケーションの開発が可能に
  • ケイデンスのデジタルおよびサインオフ、カスタム/アナログツール製品群がDRM最新バージョンの認証を取得し、顧客と早期の取り組みを開始
  • また、ケイデンスは12FFCプロセスに移行中の顧客向けに、ライブラリのキャラクタライゼーションツールフローを提供しIPを開発中
  • 新しいPDKをダウンロード可能

ケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)は、3月15日(米国現地時間) 、新しいTSMCの12nm FinFET Compact (12FFC)プロセステクノロジーにより先端ノード設計をさらに革新的なものにするために、TSMCと協業していることを発表しました。システムオンチップ(SoC)設計者は、ケイデンスのデジタルおよびサインオフソリューション、アナログ/デジタルソリューションおよびIPを使用することにより、最適なPPA(Power, Performance, Area)が必要となる、ミッドレンジモバイル、およびハイエンドコンシューマーアプリケーションの新たな開発に12FFCプロセスを使用することが可能になります。ケイデンスは、12FFCプロセスの早期取り組みにおいてお客様と積極的に協業しています。

ケイデンスのデジタルおよびサインオフ、カスタム/アナログツールは、新しいTSMCの12FFCプロセステクノロジーをサポートし、TSMC 12FFCプロセス向けのDesign Rule Manual (DRM)最新バージョンの認証を取得しました。また、対応するプロセス・デザイン・キット (PDK)もダウンロード可能です。さらに、ケイデンスは12FFCプロセスに移行中のお客様向けに、ライブラリのキャラクタライゼーションツールフローを提供しIPを開発中です。

ケイデンスのデジタルおよびサインオフ統合ソリューションの詳細については、www.cadence.com/go/tsmc12ffcdsをご覧ください。
ケイデンスのカスタム/アナログソリューションの詳細については、www.cadence.com/go/tsmc12ffccaをご覧ください。
ケイデンスのIPソリューションの詳細については、www.cadence.com/go/tsmc12ffcipをご覧ください。

12FFCデジタル、サインオフおよびカスタム/アナログツールの認証
12FFCプロセスで認証されたケイデンスのデジタル、サインオフおよびカスタム/アナログツールは次の通りです:

  • Innovus™ Implementation System: カラー/ピンアクセス/ばらつきを考慮したタイミングクロージャー、クロックツリー、パワー最適化をサポートするフロアプラニング、配置・配線システムで、TSMCの12FFC設計要件に対応すると同時に、対応回路規模の拡大およびTATの短縮が可能
  • Quantus™ QRC Extraction Solution: TSMCの12FFCモデリング機能の精度要件すべてを実現し、ファウンドリーのゴールデンデータに対して必要な精度、マルチパターニング、組み込み3D抽出機能を提供
  • Tempus™ Timing Signoff Solution: 低電圧の動作条件等も含め、TSMCの厳格な精度基準をクリアし、統合化された先端プロセスのディレイとシグナルインテグリティ効果の計算およびSTA (static timing analysis)を提供
  • Voltus™ IC Power Integrity Solution: フルチップのSoC(システムオンチップ)パワーサインオフ精度を提供し、広範なEM/IR(エレクトロマイグレーションおよびIR-drop)設計ルールおよび要件に対応する、セルレベルのパワーインテグリティー・ツール
  • Voltus-Fi Custom Power Integrity Solution: アナログ、メモリー、トランジスタからデバイス・レベルまで、カスタム・デジタルIPブロックの解析とサインオフを行い、包括的EM/IR設計ルールと要件に対応するSPICEレベル精度のツール
  • Virtuoso® custom IC advanced-node platform: TSMCの認証を受けたケイデンスのサインオフ・プラットフォームとの相関性を持つ、電気的および物理的な設計チェックを統合した、革新的で生産性を向上させる「インプリメンテーションから検証まで」をサポートするフローを提供
  • Spectre® simulation platform: Spectre Circuit Simulator、Spectre Accelerated Parallel Simulator (APS)、Spectre eXtensive Partitioning Simulator (XPS) が、自己発熱や信頼性効果を含む先端ノードデバイスモデルに完全対応し、高速で正確な回路シミュレーションを実行
  • Physical Verification System: DRC(design rule checks)、LVS(layout versus schematic)、先進的なメタルフィル、歩留まりのスコアリング、電圧依存チェック、インデザイン・サインオフに対応する先進的なテクノロジーおよびルールデックを包含
  • Litho Electrical Analyzer: LDE(レイアウト依存効果)考慮の再シミュレーション、レイアウト解析、マッチング・コンストレイントのチェック、LDEレポートおよび部分レイアウトからの修正ガイドラインの生成が可能となり、12FFCアナログ設計収束を加速

ケイデンスのデジタルおよびサインオフツールは、12FFCプロセステクノロジーに向けて強化されたフロアプラン、配置、配線、抽出技術を提供します。また、ケイデンスのカスタム/アナログツールは、様々な設計サポートと機能を提供することで従来の手作業による手法に比べ設計者の生産性を向上させ、さらに12FFC設計の性能と信頼性について高速、高精度に検証することを可能とします。

12FFCライブラリーキャラクタライゼーションフローの実現
ケイデンスのVirtuoso Liberate™ Characterization SolutionおよびVirtuoso Variety™ Statistical Characterization Solutionに関しては、先進的なタイミング、ノイズおよびパワーモデル等のTSMC 12FFCプロセス向け高精度Libertyライブラリを提供できることが確認されました。このソリューションは、低電力アプリケーションのプロセスばらつきサインオフを可能とするLiberty Variation Format (LVF) モデルのキャラクタライズに対応する革新的な手法を利用しています。さらに、信号線のエレクトロマイグレーション最適化およびサインオフが可能となるEMモデルの生成も可能です。

12FFC IPにおける協業
ケイデンスは過去数年間、16FF+および16FFCの主要顧客と緊密に協業してきており、ハイエンドのコンシューマーアプリケーション、スマートホン、タブレット向けの次世代アプリケーションの開発に向け、12FFCプロセスに移行中のお客様との協業を開始しています。ケイデンスは現在、お客様に12FFCプロセスノードのメリットをお届けできるよう4266MbpsをターゲットとしてフラッグシップLPDDR4 PHYを12FFCプロセスノード向けに移植中です。また、ケイデンスのLPDDRコントローラーIPも既に12FFCに対応可能です。より高速なプロセスおよび新しい小型のスタンダードセルライブラリーにより、12FFCを使用しているお客様は、チップ面積及び消費電力を削減させることが可能です。

TSMC社コメント
Suk Lee氏 (TSMC senior director, Design Infrastructure Marketing Division) :
「我々の12FFCプロセスを導入することにより、エリアや消費電力を気にするアプリケーションにおいて、既存の16nmと7nmプロセスの間に理想的なオプションを提供します。ケイデンスとの継続した協業により、新しいプロセスに対応する、ロバストなツール、フロー、IPのセットをタイムリーに提供することができました。」

ケイデンス・コメント
Anirudh Devgan (executive vice president and general manager of the Digital & Signoff Group and the System & Verification Group) :
「我々のお客様は、最高品質の設計ツール、IP、プロセステクノロジーを求めており、SoCの設計プロジェクトごとに変化する目標の達成を支援するケイデンスの柔軟な姿勢を高く評価しています。新しいTSMCの12FFCプロセスは、性能とコストのメリットに加えてFinFETプロセスのメリットを提供します。TSMCとの協業により、ケイデンスのツールおよびIPは、共通のお客様が使い慣れたツールやフローを使用して積極的に、新興の市場をターゲットとすることを可能にします。」