Home > 製品情報&ソリューション > Low-Power Design

  • Contact
  • Print

Low-Power Design

Low-Power Design

Overview

Technologies

Guidebook

News & Articles

Customer Success(英語サイト)

US Site

電力は今や主要な設計制約

電力は今や主要な設計制約

ワイヤレス・アプリケーションから最新のコンシューマ・エレクトロニクスの製品まで、電力が今やほとんど全てのデザインで重要な検討項目になっています。ICの消費電力は機能、コスト、性能、市場投入時間、さらには信頼性による製品の差別化に大きな影響を与えます。デザインが90nm以下のプロセスノードを使用するにつれ、電力の管理もまた設計と製造の全体を通して重大な関心事になってきています。

この新たな課題の台頭により、従来のタイミングやエリアの制約に加え電力が主要な設計制約になってきています。成功する設計環境や設計手法は一体化された完全なフローで、プランニングからサインオフまでの多目的なソリューションにおいて、全ての設計制約(電力も含め)を同時に考慮しなければならないことを意味します。これらのニーズに取り組むことは、基本的なパワーコントロール・テクニック(例えばマルチVTライブラリやクロックゲーティング)、より高度なテクニック(例えばダイナミックな電圧/周波数のスケーリングやパワー・シャットオフ)、最新の技術(例えばバックバイアス、またはロー・スイング・クロック)など、適用されるパワーコントロールの設計テクニックにかかわらず不可欠なことです。適用されるテクニックの組み合わせにかかわらず、設計に対するリスクを積極的に管理し生産性のレベルを維持しなければなりません。

プランニング、設計、検証、そしてインプリメンテーションの統合ソリューション

ケイデンスの低消費電力ソリューションは初期の設計プランニングから始まり、フロントエンド・デザイン、論理合成そしてインプリメンテーションを含む完全な手法を提供し、一貫性と収束性を保証します。この総合的なフローはCレベルの設計探索、ソフトウェアの最適化、RTL論理合成そしてサインオフを含む全てのステップで電力の予測や解析を含んでいます。インプリメンテーション・フローと並行して、スタティック、ダイナミック、そしてフォーマルのパワー検証を設計工程のあらゆるステップで有効に適用することにより、電力に関し予想外の事態が発生しないことを確実にします。

この完全に統合され、高度に自動化された電力を考慮したソリューションは業界をリードするサービス機能と業界最大の低消費電力設計を推進する業界団体 (Power Forward Initiative とSi2の Low Power Coalition)によって支援されています。

ケイデンスの低消費電力ソリューション:

  • リスクの低減: 設計チームは、人手介入の必要性を最小化し、強力な予測と解析の手法を用いて機能的もしくは構造的な欠陥によって生ずるシリコンのリスクを回避することができます。
  • 生産性を加速しtime-to-marketを早めます: 統合された予測機能、論理設計、検証、インプリメンテーションの自動化、サインオフのテクノロジによって、設計チームは高い生産性レベルを維持することが出来ます。 設計工程の中でのイタレーションの削減と、シリコンの作り直しを限定することにより、time-to-marketの要求にあらかじめ予想しながら取り組むことができます。
  • シリコンの品質を高めます: 設計フローの初期に使い易い"what-if"解析を通して、設計者は最適なパワー・アーキテクチャを特定し、求める仕様を得られることができます。インプリメンテーション・フロー全体を通して最高クラスの多目的な最適化エンジンがタイミング、電力、そしてエリアの間で優れたトレードオフを可能にします。