Home > ケイデンス システム機能検証セミナー 2017

  • Contact
  • Print


ケイデンス システム機能検証セミナー 2017

ケイデンスは、2月にシステム機能検証関連の新製品、Xcelium Parallel Simulator(プレスリリース)とProtium S1 FPGAベース・プロトタイピング検証プラットフォーム(プレスリリース)をリリースいたしました。
本セミナーでは、新製品の発表を行うと共に、システム機能検証関連の主要製品を紹介させていただきます。検証に携わる皆様が日頃抱えている問題を解決するヒントが見つかるはずです。
是非、ご来場いただけますようお願いいたします。

主 催: 日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
イノテック株式会社 ICソリューション本部
日 時: 2017年3月23日(木) 10:00-17:15 (受付開始: 9:30)
場 所: イノテックビル 2階 セミナールーム
横浜市港北区新横浜3-17-6
費 用: 無料
内 容:
10:00

10:20
「日本の検証技術はまだまだ伸ばせる!」~ run() is also ~
日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
フィールドエンジニアリング&サービス本部
AEディレクター 渋谷 康洋
10:20

10:40
~ 新たな時代の幕開け ~ ついに発表!第三世代シミュレータ

本セッションでは、製品責任者が来日し、ケイデンスの新製品 Xcelium Parallel Simulatorについてご紹介します。(※英語でのセッションとなります。)

米国ケイデンス・デザイン・システムズ社
Product Management Group Director Adam Sherer
10:40

11:10
ベールを脱いだ第三世代シミュレータ Xcelium。
どんなところで効果がある?

「開発TATの短縮」、皆様が抱えている共通の悩みではないでしょうか?システムテストやDFTテストなど長時間実行が必要なものもあり、「短縮」は難しいのが現実ですね。後追い検証で全てのテストを流すつもりが、流し切れず、一部のテストを実機確認に回してしまったり。「シミュレータがもっと速ければ解決する課題もあるのになぁ・・・」
今回発表する次世代シミュレータは、パラレル化を含め、TAT 短縮のための様々な機能を提供しています。皆様の開発スケジュールのどんな場面で適用いただくのが効果的か具体例を挙げながらご紹介します。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
フィールドエンジニアリング&サービス本部
嶋田 幸子
11:10

11:30
~ FPGA プロトタイピングも第三世代へ ~ Protium 新製品発表!

本セッションでは、製品責任者が来日し、ケイデンスの新製品 Protium S1 FPGAベース・プロトタイピング検証プラットフォームについてご紹介します。(※英語でのセッションとなります。)

米国ケイデンス・デザイン・システムズ社
Sr Product Marketing Manager  Zaid Rodriguez
11:30

12:00
どこまで速くなるPalladium/Protium。そして新製品Protium S1とは?

このセッションでは、ケイデンスのハードウェア・ソリューションのハードウェア・エミュレータ Palladium とFPGAベースのプロトタイピング・ソリューション Protium によるお客様の検証を劇的に加速する効果的な使用事例をご紹介します。前のセッションにてご紹介させていただく、次世代シミュレータも含めた、検証環境の構築、および加速の一助になればと思います。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
フィールドエンジニアリング&サービス本部
三中 哲夫/戸石 浩司
12:00

13:00
昼食 (お弁当をご用意しております) & デモ + QA コーナー
13:00

13:30
不動の地位を誇るJasperGold。検証を3倍効率化する方法教えます

無限の組み合わせに近い複雑な検証をダイナミック検証だけで全て検証するには限界がありますよね?組み合わせを考えるだけで頭が痛くなってきませんか?組み合わせの多い複雑な検証は、網羅的な検証を提供するフォーマル検証ツールで効率化できます。他に類を見ない便利な機能を実装したJasperGoldを用いた効率化の方法を、セミナーにご来場いただいたお客様だけにご紹介します。既存ユーザーにも目から鱗の内容です。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
フィールドエンジニアリング&サービス本部
矢ヶ部 常義
13:30

14:00
効率化で生まれる時間、あなたは何に使いますか?
新しいプロジェクト?それとも家族サービスや自分磨き?・・・

毎週月曜日の午前中に貴重な時間を使ってプロジェクトの進捗報告を行っているエンジニアの皆様。エンジニアから期日までに進捗報告が上がってこなかったり、設計拠点が国内/海外/社外と複数に跨っていて作業がダブったり、正確な進捗がつかめなくて困っているマネージャーの皆様。 その問題、きっと解決できます。検証フロー全体にフォーカスし効率化できる仕組みをご紹介します。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
フィールドエンジニアリング&サービス本部
武井 規正
14:00

14:30
コーヒー・ブレイク & デモ + QA コーナー
14:30

15:00
設計者よ、(波形を)求めよ さらば与えられん

ケイデンスのフォーマル検証ツールJasperGoldは、専用の波形ビューワVisualizeを備えています。Visualizeの特長は、それがフォーマルの証明エンジンと密接に統合されているところにあります。この統合により驚くべきことが可能になります――Visualize上に一旦表示された波形はまるで生きているように振舞います。検証中に(あるいは設計中に)波形を見たエンジニアが「このサイクルで~だったらどうなるのだろう」と思ったとき、Visualize上でなら、その疑問をそのまま問い、答えを得ることが可能になります。この異次元体験を実際にお見せします。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
フィールドエンジニアリング&サービス本部
水野 博之
15:00

15:30
Indagoでデバッグ作業をもっと効率化しませんか?

デバッグ作業を効率化するために新しい機能を使いたいと思いながらも、以前から慣れているデバッガと機能を使い続けている方も多いのではないでしょうか。Indagoは、ポストデバッグ機能をはじめとした、様々な新しいデバッグ機能で、皆様のデバッグ作業を劇的に効率化します。検証フェーズでは苦痛になりがちなデバッグもきっと楽しい作業になりますよ。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
フィールドエンジニアリング&サービス本部
遠藤 幸恵
15:30

16:00
コーヒー・ブレイク & デモ + QA コーナー
16:00

16:30
教えてジェームスくん!検証IP どうやって使えば良いの?

So, you are about to start a functional verification project. Your design is very complex and your schedule is tight. You may have heard of Verification IP (VIP) but you're not sure how to use it.
このセッションでは、あなたの懸念を我々がどのように助けることができるかを一緒に見て行きましょう。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
フィールドエンジニアリング&サービス本部
ジェームス・ダビット
16:30

17:00
最近注目のPortable Stimulus。時代を先取りしましょう!

機能検証分野で“next big thing”との呼び声が高いPortable Stimulus は、3つのビジョン(検証再利用性の向上・テスト生成の自動化・カバレッジの向上)を見据えてAccellera PSWGで標準化が進んでいる革新的なソリューションです。UVM(Universal Verification Methodology) は同じビジョンに対して多大な成果をあげてきました。では、「Portable Stimulus では何か違うのだろうか。」、その疑問にお答えします。UVMの次世代に位置づけられる機能検証の最先端に触れてみませんか。

日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
フィールドエンジニアリング&サービス本部
山元 渉
17:00

17:15
まとめ ~ finalize() is also ~
日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
テクノロジーセールスリード
ディレクター
鈴木 佳香
* 都合により内容が変更になる場合がございますので、最新情報は当ページよりご確認下さい。
* 申込開始後、定員になり次第お申込を締め切らせていただきます。
* 受講票は、お申込後2営業日以内にcdsj_info@cadence.com のアドレスよりご登録いただきましたE-mailアドレスに送信いたします。
* 申込後のキャンセルにつきましては、受講票でご案内しておりますマイページよりご連絡いただきたくお願いいたします。

お申込みは終了いたしました。
ご登録、誠にありがとうございました。