Home > サービス > Virtuosoサービス・ソフトウェア

  • Contact
  • Print

Virtuosoサービス・ソフトウェア

Helping startup companies bring cutting-edge designs to market

ケイデンスのサービス・ソフトウェアは、お客様のアプリケーション毎に異なる設計課題に対する特定のソリューションを提供するものです。同じアプリケーションであってもお客様毎に設計や検証手法などの設計環境が異なっています。サービス・ソフトウェアは、ケイデンスの標準プロダクトを基に、又はスクラッチから開発したカスタム・ソフトウェアです。 ケイデンスの標準プロダクトと一緒にお使い頂く事により、お客様の設計生産性や設計品質の向上を支援します。また、お客様の設計環境の中で効率よく機能するようにカスタマイズのお手伝いも可能です。

アナログ設計に共通する課題
設計再利用性向上と可視化



アナログ設計に共通する設計の再利用性と設計仕様の一元・電子データによる管理の向上に対しては、SpecViewがソリューションとなります。SpecViewは、回路やテストベンチなどの設計データや仕様情報などの設計の再利用の向上に欠かせない情報とシミュレーション結果などからプロジェクトの進捗状況を的確に捉えるための情報をDFIIライブラリ内で他のcellview同様に管理するツールです。設計データやプロジェクトの状況はHTMLで随時編集・閲覧可能です。


設計環境とPDK管理


もう一つ重要なことは設計フローとPDKの管理です。ICの設計は各設計フェーズで異なるツールを使用しながら進められます。異なるツール間で同じライブラリ、PDK、設計データ、そしてそれらのバージョンの同じものが間違いなく使用されることが正確な設計を行う前提となります。
Design Environment Configuration Management (DECM) は、このような設計フローと設計データの管理を効果的に行い、設計フロー内での誤ったツールの使用や誤ったデータ、ライブラリの使用などを防ぎます。

アレイ・アプリケーションに共通する設計課題

メモリ、イメージセンサ、LCDのような大規模なセル・アレイを含むアプリケーションでは、設計フローに共通した設計課題が出てきます。例えばセル・アレイの入力、クリティカル・パスの検証、大規模なネットリストの処理、バックアノテーションなどがあります。

現在、上記の課題に対処するサービス・ソフトウェアには以下のものがあります。


課題1: アレイ回路の作成容易化に対しては、Composer Frame Editorがソリューションとなります。
Composer Frame Editorは、Composerにて繰返し回路の入力を容易にする機能と、例えば一つのschematic view内にシミュレーション用、LVS用などの目的に合わせた複数の回路図を入力し、目的に応じてネットリスト生成を切り替えられる機能を備えたソフトウェアです。
   
課題2: ボトムアップでのクリティカル・パスのシミュレーション回路作成容易化に於ける検証や設計バージョン間の差異、導入予定のIP間の回路トポロジ等価性検証対しては、Equivalence Checkerソリューションとなります。ボトムアップでクリティカル・パスのシミュレーション回路を作成する場合、フルチップ回路内の当該クリティカル・パスとの回路トポロジ等価性の保証が課題となります。Equivalence Checkerは、両回路の共通部分に焦点を充てて回路トポロジの等価性を検証することで、差分レポートの最小化が可能となり、不一致の場合のデバッグを容易にします。
   
課題3: フルチップからのクリティカル・パスのシミュレーション回路作成容易化に対しては、Navi & Carverがソリューションとなります。Navi & Carverは、オート・サーチ機能や自動終端処理機能などオリジナル回路図から階層構造を保持した部分回路図を効率的に切り出す機能を備えたソフトウェアになります。
   
課題4: 大規模ネットリストのシミュレーションの効率化に対しては、今まで紹介した課題1から3に対するソリューションを組み合わせ、シミュレーションネットリストをコンパクト化することで効率化を可能にするフローの導入とSpecViewによる設計の再利用性とプロジェクト管理の向上により解決を図ります。

お問い合わせ

Virtuosoサービス・ソフトウェアに関するお問い合わせは、担当営業までご連絡下さい。